𝚖𝚘𝚟𝚎 𝚏𝚛𝚎𝚎

『カラダの動きを自由に』をテーマにした考察ブログ 。

副腎疲労

疲労 急性疲労 1日睡眠すれば解消するレベル 慢性疲労 寝ても疲れがとれないレベル→副腎疲労 副腎 コルチゾールを分泌 元気の源 早朝にもっとも多く分泌され昼にかけてなだらかに減少する夕方や夜になるとほとんど分泌されない 分泌が正常だと朝起きれて夜…

相対性理論

物質のスタンス ◯いま測定できる精度の中では正しいので認めざるを得ないよねと考える ×この考え方は未来永劫ただしいよね 時間と空間についての革新的な理論 学ぶメリット 物事を相対的にとらえる 直感に反することを理屈で受け入れる訓練になるから 直感に…

流体

流体 一定の形を持たず外力で自由に形を変える物質 ◾︎種類 液体と気体 物質の3態 : 固体 液体 気体 ◾︎表現 流線 多くの流体粒子による動きをつないだ線 定常流の観察に使用する 流跡線 一つの流体粒子が動いた線 非定常流の観察に使用する 時間 定常流 流れ…

血圧

血圧は、 循環器系 血液を循環させるシステム 筋肉で出来ている 心臓 ポンプ 血管 ホース ↪︎動脈 ↪︎静脈 ↪︎毛細血管 血管 外膜 平滑筋 内膜 心周期 一回の拍動における収縮と弛緩のサイクル 右心は肺に血液をおくる左心は肺以外に血液をおくる 左心が動きの…

浸透圧

むかし海中から単細胞生物が誕生し多細胞生物へ進化した さらに陸上で生活を営むため体内に海を蓄えるようになる 溶液 溶液 = 溶質 + 溶媒 溶液 溶質と溶媒が混ざった液体 ↓↪︎溶質 液体に溶けている物資溶媒 溶質を溶かしている液体 濃度 溶液中の溶質の割合…

生体防御

異物から"物理的•化学的防御"と"免疫"の2つの仕組みで守る 『目次』 生体防御 物理的•化学的防御 免疫 血球 異物 『生体防御』 異物から生体を守る仕組み 【種類】 ◾︎物理的•化学的防御 異物の侵入を防ぐ仕組み ◾︎免疫 侵入した異物を除去する仕組み 1.自然…

プライバシーポリシー

『目次』 運営者情報 個人情報の利用目的 個人情報の第三者への開示 個人情報の開示・訂正・追加・削除・利用停止 Cookieについて 広告の配信について アクセス解析ツールについて ブログへのコメントについて 著作権について 免責事項 プライバシーポリシー…

組織

組織 各細胞とマトリックスで連携し機能する仕組み 形や機能が似た細胞が集まっており4つの組織に分かれている 上皮組織 身体の内外を覆う組織 結合組織 細胞同士の間をうめる組織 筋組織 みずから収縮する組織 神経組織 情報伝達をおこなう組織 上皮組織 ◾︎…

エネルギー

『ATP』体内でEnergieを補完する物質 エネルギーの発生 ATPを分解してエネルギーを発生させている。【表】ATP→ADP →Pi →エネルギー→筋繊維の収縮•弛緩に使う【解説】筋繊維に貯蔵するATPを分解しエネルギーを発生。エネルギーを筋繊維の収縮と弛緩に利用する…

モーターユニット

骨格筋は電気信号でモニタリングされつつ動かされている 『目次』 神経系 モーターユニット センサー 随意運動 反射運動 YouTube 『神経系』 電気信号をつかい身体をコントロールする仕組み 【神経系】構造 機能 1)中枢神経系 ・脳 ↪︎大脳 意識的な動作や感…

筋繊維

人体という限られたスペースに多くの筋肉を配列させるそのため筋繊維の種類と走行を変えて機能を分担する 『目次』 能力 走行 割合 まとめ YouTube 『』 錘外筋 【錘内筋=筋紡錘】 錘外筋の張力を感知するセンサー 種類 構造 機能 核袋線維 約100個の核が集…

骨格筋

骨格筋は筋系として動いている 『目次』 骨格筋の仕組み 動力である筋腹 骨へ伝える腱 筋系へ伝えよる筋膜 まとめ YouTube 『骨格筋の仕組み』 骨を動かすための筋肉 【表】 構造 成分 機能 筋腹 筋線維(細胞) タンパク質 収縮と弛緩腱 膠原線維 ペプチド 骨…

筋肉

筋肉は2つの動きを5つの働きへ変える 『目次』 3種の筋組織 2つの動き 5つの働き まとめ YouTube 『3種の筋組織』 骨格筋、心筋、内臓筋の3つ 【個数】人体には約600個の筋肉があります。 ↪︎400個程は骨格筋(全骨格筋をまとめて筋系と呼ぶ) ↪︎200個程は心筋…

細胞

どんな生物でも「構造」に応じた「機能」を持ち合わせる構造-機能を対比させることが生物学を学ぶ上で重要である 『目次』 細胞 組織 器官 器官系 まとめ YouTube 『細胞』 生命活動を営んでいる最小単位 身体の細胞は200種類以上あり形や大きさはバラバラで…